家族葬の風「二人だけの葬儀」

◆ 数日まえから相談のあった方ですが、家庭の事情もあり、葬式なし、お見送りは2人だけの密葬でした。
 亡くなられたのは、60才前の男性で、連絡をしてこられたのは、数年前にその男性と離婚された元奥さまからでした。
 現在はその女性と息子さんが同居し、ご主人は東京で一人暮らしをされていたようです。
 ただその男性は数年前から次から次へと癌におかされ、入退院を繰り返していたそうです。

◆ 男性の最後の言葉は、ポツリと吐いた「人生、良いことは何もなかった」だったそうです。
 その言葉に対して女性は「息子ができたじゃないの」と慰めたそうです。
 その女性は再婚もせず、離婚したあとも、彼の生活と看護を見続けていたようで、涙しながら語る言葉の端々に愛情の深さを感じました。
 離婚の原因を知る由もありませんが、ご主人は幸せな人生ですよね。

◆ 葬儀はしないが、亡くなられた当日だけは、いっしょに過ごしたいという要望でしたから、当日は病院から12畳くらいの部屋にご遺体を安置し、知り合いのお坊さまに枕経を上げてもらいました。
 私と女性スタッフ2人が付き添いましたが、女性はお坊さまが帰られた後もなんとなく、腰があがらず色々な思いにうなだれているようでした。
 私もなんとなくいたたまれなく、つい「形だけですけど、いっしょにお清めをしませんか」と提案してしまいました。
 近所の小僧寿司で五人前の寿司とサラダと缶ビールをスタッフが買ってきて、女性と息子さん、そして私達3人でお清めをしました。

◆ お酒も入ったせいか、堰を切ったように女性は泣いたり笑ったりしながら、男性と息子さんへの思い、願いを打ち明けられました。最後に「これでお父さんも痛みから解放されてよかったね」と闘病生活で苦しまれたご遺体に声をかけられていました。
 
◆ 葬儀屋が葬家を囲んでお清めをするなんて、あまり例が無いかもしれませんが、けっこう盛り上がりました(?)。

◆ 最後に無口な息子さん(23才)に「葬儀屋さんて、なんだかあこがれました。」と云われ、ちょっぴり心の襞に触れることができた葬儀になったと思いました。

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年7月22日(土)

大友克洋さん「バベルの塔」大胆解釈 ざっくり切り込み

 ブリューゲルの「バベルの塔」と大友さんの「バベルの塔」楽しみですね。それにしても、人間の傲慢さを神が戒め、罰を与えた象徴とされる「バベルの塔」、それをいつの時代にも魅かれるのは、罪人としての自虐愛か、マゾヒストの側面を持つ人間のサガなのでしょうかね?。

 記事を読む>>>

バベルの塔

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加