無宗教葬が問う「お葬式はだれのものか」

 無宗教葬の葬儀を遺言されていたのは、奥さまでした。ご主人もお子さまたちも承諾されていました。

無宗教葬に悩む主婦

 ところが、ふたを開ければ、お父さまのご意向を酌(く)んで奥さまのお葬式は、家族葬の遺志は守られたものの、仏式のお葬式に変更されました。

 このようなケース、つまり故人の意向に反して、ご遺族やご親族の考えで、無宗教葬の葬儀が、仏式のお葬式に変わることはときどきあります。

 これは、故人の意向を尊重するご遺族だったのか、無視するご遺族だったのかの違いでしょうか。

無宗教葬の「葬送の自由」か「しきたり」か?

 日本のお葬式は、おそらく1980年代ころまでは、なんらかの共同体(イエ・ムラ)の死者供養でした。

映画「お葬式」のポスター

 1984年に公開された映画「お葬式」の監督・伊丹十三さんは「シティ・ボーイがふるさとの役を演じるのがお葬式である」と見ぬき、そのチグハグさをストーリーの土台にすえました。

 その習慣にたいして1990年代のころから、お葬式について「葬送の自由」や「故人の遺志」がさけばれるようになります。我がシティ・ボーイ達は、このムードにのり、「ふるさとの役」から徐々に遠ざかるようになります。そして、散骨や無宗教葬が社会的を賑わせるようになりました。

 イエ・ムラの束縛から逃れようとする「葬送の自由派」とイエ・ムラのきずなに寄りそう「しきたり派」のせめぎ合いが、はじまります。無宗教葬か、仏式のお葬式か。

お葬式の切り札 「成仏」

 無宗教葬のお葬式を遺言された娘さんの遺志が棚に上げられた理由は、お父さまから投げかけられた最後の切り札、「せめてお経でもあげないと、成仏しないよ」という言葉でした。

無宗教葬で対立するお坊さん

 ご主人は「なぜ、お経をあげないと成仏しないのか」「そもそも成仏ってなに?」などと疑問をもちながらも、娘に先立たれたご両親の懇願もその切ない気持ちを受けとめれば無下に断るわけにもいかない。

 葛藤の末にご主人は、奥さまの願いに目をつぶり、戒名無しの仏式のお葬式を選択されたのだろうと思います。苦しい選択だったのかもしれません。

 そんな想いを赤いスポーツカーのお坊さんは、台無しにしてくれました。

 奥さまは見抜いていたのでしょう。家族との大切な最期の時間をこんなお坊さんに邪魔されたくないと。しかし、いまとなっては「死人に口無し」です。

仏式のお葬式は、遺族とイエ・ムラのものである!

 お葬式は、ご遺族にとっては、つらいものです。

お葬式でお経をあげる村人

 大切な家族を失ったご遺族は、その悲しみや喪失感をそう簡単にぬぐい去ることはできません。ご遺族は、お葬式でその心の穴を埋める、そして乗りこえる切っかけを見つけだそうとします。

 そんな遺族の気持ちに応えて「死者を成仏させる」という他界観を示して、ご遺族とイエ・ムラ(共同体)に安心感を提供してきたのが仏式のお葬式です。

 そこには、故人の遺志とか自由とかでお葬式を選ぶ余地はありません。なぜなら、仏式のお葬式は、遺族とイエ・ムラのためにあるからです。

仏式のお葬式は、故人の信仰を問わない!

 お葬式でお坊さんを決めるとき「お父さん(故人)の信仰していた宗教はなんだっけ」とは聞きません。

お葬式の宗教を電話で聞く奥さま

 「家の宗教はなんだっけ」と実家に電話したり、田舎の親戚に聞いたりします。もとより故人の意思・信仰など気にしておりません。

 仏式のお葬式は、しきたりです。お坊さんのいないお葬式は、お葬式とはいえないのです。

 おそらくR家のお父さまは、娘さんの夫から、お葬式を無宗教葬でおこなうと聞かされたとき「こいつは、いったい何を考えているのだろう?葬儀をしないつもりか」と思われたことでしょう。だから「せめてお経ぐらいあげないと、成仏しないよ(成仏させないつもりか!)」といったのです。

 もとより娘さん(故人)の遺志とお葬式は関係ないのです。もちろん「故人のためだから」というでしょうし、そう信じ切っているでしょうが、今となっては故人が納得しているのか、それとも反論があるのかも聞くことは叶いません。

 「成仏する」ことが、本当に故人のためになっているのか、はたまた「成仏」は可能なのか、それについては次章の「成仏とはなにか」に譲ります。

無宗教葬は、故人と遺族の意思を優先する

 無宗教葬は、故人の遺言や生前の会話を通してご遺族が故人の生きざまにふさわしいと判断された結果として無宗教を選択された場合におこなわれる葬儀です。

 遺言という形で無宗教葬を選択されていない場合でも、特別な宗教などに信心していなく、形式にあまりこだわらない人であったなば、あとはご遺族の判断で無宗教葬を選択されることもあります。

 もちろん、生前にどこかの宗派に帰依していたり、生前に戒名を授かっていたならば、また漠然とではありますが、仏教に信頼をおいていたのならば、仏式葬儀がふさわしいでしょう。クリスチャンならば明快でわかりやすいのですが、どうも「死んだら仏式葬儀」という「しきたり」が、ながらく続いてきたものですから、故人の遺志や宗教心・信仰心を大切にする葬送文化が希薄です。

 

  R家では「成仏」という言葉に翻弄(ほんろう)されました。念仏のごとく唱えられる「成仏」という言葉は、仏式のお葬式を支えています。いったい「成仏」とは、どのような信仰にもとづいているのでしょう。吟味する必要がありそうです。

 それでは、その「成仏」について、いっしょに考えてみましょう。▶▶▶

なぜ無宗教葬かにもどる
成仏とは何かに進む

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年9月23日(土)

日野皓正児童虐待について

 ミュージシャンからの意見。なるほど、ジャズ深いな。

記事を読む>>>>

日野皓正児童虐待事件について
八幡謙介

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加