無宗教葬の意義

 これまで「なぜ無宗教葬か」と題して、まずは無宗教葬を遺言されていた奥様の葬儀が、ふたを開ければ仏式の葬儀に変更された実例をもとに「葬儀は誰のものか」という視点で無宗教葬と仏式葬儀の違いを見てきました。

 その次に無宗教葬でという遺言が無視された根拠となった「成仏できるのか」という義父の言葉から、「成仏とは何か」をさぐり、本来信仰心が問われるはずの「成仏」を死後に「にわか信者」に仕立てて「成仏」させるという「葬式仏教」のカラクリを明らかにしました。

 そして、その「葬式仏教の由来」を歴史的に追い「仏心から物欲」への心変わりの側面をみてきました。

 この章では、以上をふまえ、本題の無宗教葬の意義について探っていきたいと思います。

日本人の多神教的な宗教観が、無宗教葬の源泉か?

 私たち日本人は、正月には神社で祈願し、結婚式はチャペルで愛を誓い、お葬式は仏教で成仏を願います。神道もキリスト教も仏教も死生観・他界観は、それぞれ全く違いますが、違和感なくそれぞれの宗教的儀式をこなします。

  この宗教観は、一神教・世界宗教が求める標準的な信仰「信じきり、けっして疑わない」という信仰とは程遠いものです。おそらく世界的にみても珍しい宗教観かもしれません。

神社で初詣
神社で初詣
チャペルで結婚式
チャペルで結婚式
仏式葬儀の祭壇
仏式葬儀の祭壇

 日本は自然にめぐまれています。気候が良く、山紫水明、四季折々の自然に囲まれ、山の幸・海の幸も豊富です。唯一、生活を脅かすものは、自然災害だけでした。そのため太古より、日本人は八百万の神々を信仰し、五穀豊穣を祈願してきました。

 この多神教的な宗教観は、海外からの新たな神々・信仰をも受け入れ、あるいは日本の風土にあわせて独自の進化を遂げてきました。

 懐が深いですね。この多様性が、いつの時代も変化に対応し、発展してきた日本の源泉であったのかもしれません。

無宗教葬は、無宗教思想ではない!

てすと

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年4月21日(金)

大友克洋さん「バベルの塔」大胆解釈 ざっくり切り込み

 ブリューゲルの「バベルの塔」と大友さんの「バベルの塔」楽しみですね。それにしても、人間の傲慢さを神が戒め、罰を与えた象徴とされる「バベルの塔」、それをいつの時代にも魅かれるのは、罪人としての自虐愛か、マゾヒストの側面を持つ人間のサガなのでしょうかね?。

 記事を読む>>>

バベルの塔

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加