無宗教葬のすすめ

 家族葬ネットが、無宗教葬で「家族葬」をおこなうとき、開式のはじめにみなさま全員で1分間の黙祷(もくとう)を故人に捧(ささ)げてもらいます。そして、この1分間の黙祷の間に故人の生前の思い出をイメージしてもらいます。

 日常の1分間などアッというまに過ぎてしまいますが、祈りに集中する1分間は意外と長く感じられるようです。むしろ、シ〜ンとした静けさは、その場の時間が止まっているのではないかと錯覚(さっかく)するほどです。

 おそらく、みなさまの脳裏(のうり)には、故人との過去の思い出のシーンが走馬灯(そうまとう)のようにかけめぐり、現在の時間のことなど忘れてしまうのでしょう。これでようやく、参列者みなさまのこころが一つになって「家族葬」の幕を開けることができます。

無宗教の家族葬には愛がある

 無宗教で家族葬や葬儀をするのは、お坊さんなど宗教家をおよびしない葬儀だと思っているひとが多いようです。

無宗教葬の妖精の絵

 たしかに形式はそうですが、それだけでは、もったいない。無宗教の家族葬には、もっと価値や意義のあるお葬式です。

 無宗教葬は、特定の宗教の死生観や他界観にこだわらず、ご家族が中心にそれぞれの想いをもって、故人を偲ぶ葬儀のことです。

 そして、故人の生きた証を残されたご家族が心にきざみ、いまとなってはもう会うことは叶いませんが、逢いたいと思ったときに心の中で微笑みかけてくれる”愛”を編む作業が、家族葬ネットの無宗教葬です。

さまざまな無宗教葬のカタチ

 無宗教葬は、決まったカタチや習慣があるわけではありません。さまざまな無宗教の葬儀のアイディアがあります。その一部を下記に示しました。みなさまの無宗教葬に参考になれば幸いです。

無宗教葬の家族葬

無宗教葬の家族葬

 ご遺族と相談のうえ、ご希望にそった無宗教葬をご提案します。無宗教葬の手順やながれは、こちらからどうぞ▶。

無宗教葬で思い出を放映

無宗教葬で映像

 思い出の写真や映像をスクリーンに映しながら、故人を偲びます。コンピューターに明るい人は、BGMも入れて立派な映像を作りますよ。

無宗教で花の一日葬

無宗教葬で花の祭壇

 通夜はしないで、告別式で故人をおくります。みなさんで、たくさんのお花を柩の中に飾り、最後のお別れをします。

無宗教のホテル葬

無宗教のホテル葬儀で故人を偲ぶ

 家族葬や直葬をすませた後日にホテルで偲ぶ会を開きます。

無宗教葬の音楽葬

無宗教葬の音楽葬

 生演奏やCDなどで故人の好きだった音楽を流しながら進めます。ご家族のなかで楽器を演奏される方がいれば、なお結構だと思います。

無宗派の般若心経葬

無宗教葬で般若心経

 お坊さんを呼ばないで、般若心経で故人をおくります。ご年配のひとにも納得してもらえる宗派にこだわらない葬儀です。くわしくは▶

無宗教葬を弔辞で送る

無宗教葬を弔辞で

 兄妹や親戚、友人・知人からの弔辞をメインに進めます。お孫さんから、おじいちゃんに送る言葉も素敵ですよ。

無宗教の海洋葬

無宗教の海洋葬をする女性

 家族葬や直葬をすませた後日に海洋葬で散骨をします。


無宗教葬のもくじ

なぜ。無宗教葬なのか
家族葬の無宗教葬儀のながれ
家族葬の無宗教葬儀の祭壇

花の直葬に戻る
なぜ無宗教葬かに進む

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年12月7日(木)

日野皓正児童虐待について

 ミュージシャンからの意見。なるほど、ジャズ深いな。

記事を読む>>>>

日野皓正児童虐待事件について
八幡謙介

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加