弔問のマナー

 家族葬や葬儀のまえにご自宅へ弔問されるときは、ご遺族が一番悲しみに沈んでいるときですから、ご遺族の気持ちを察し、悲しみを和らげるようなお悔やみを述べましょう。(お悔やみ言葉はこちら)
 また、このときご遺族は、葬儀の準備などに追われ、慌ただしくされています。取り合えずの弔問ですので、長居の弔問は禁物です。
 なお、このときの服装は平服にしましょう。喪服だと前もって死を予期していた印象を与えますので、ご遺族に礼を欠くといわれています。

 

身内以外の弔問は遠慮しましょう

 家族葬や葬儀のまえにご自宅へ弔問されるのは、身内以外の方はなるべく遠慮しましょう。ご遺族をそっとしてあげましょう。

 

とりあえずの弔問に香典は持参しない

 家族葬や葬儀の前のご自宅への弔問では、香典は持参しません。その代わりに、枕花をお持ちするのは失礼にあたりません。

 

弔問でご遺体との対面は自ら申し出ない

 故人との対面は、自ら申し出ないのが基本です。ご遺族からすすめられて、はじめて行うようにしましょう。その際には「おだやかなお顔ですね」「安らかなお顔ですね」「安心して眠っていらっしゃるようでね」などと、ご遺族の気持に配慮しましょう。

 

弔問の帰りには、お手伝いを申し出ましょう

 葬儀には何かと人手が必要な場合があります。依頼するかどうかは、あくまでもご遺族の判断ですが、「お手伝い出来ることがあれば、遠慮せずに言ってくださいね」と弔問の帰りに言い添えましょう。

 

電話でのお悔やみはマナー違反です

 弔問に行けないときに、お悔やみを電話ですまそうとするのは、マナー違反です。
 ご遺族は、少しでもご遺体のそばに付き添っていたいでしょう。心は悲しみの中に沈んでいます。しかし、葬儀の準備はしなければなりません。いちいち、かかってきた電話に対応する余裕はないものです。
 葬儀日程などを知りたく電話するときは、「この度はご愁傷様です。お取り込み中申し訳ありません。葬儀日程と斎場だけうかがってよろしいですか」と手短に用件だけを聞くようにしましょう。

家族葬儀マナー「香典マナー」に戻る
家族葬儀マナー「家族葬儀の手順」に進む

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年9月23日(土)

日野皓正児童虐待について

 ミュージシャンからの意見。なるほど、ジャズ深いな。

記事を読む>>>>

日野皓正児童虐待事件について
八幡謙介

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加