焼香とその由来


 焼香は、抹香(まっこう/シキミの葉や皮を粉にした香/シキミ:モクレン科の常緑小高木。春に薄い黄白色の花が咲く。実は猛毒)か、線香でおこないます。

宗派でちがう焼香の回数

 焼香は宗派によって作法、回数がちがいます。


■真言宗:仏・法・僧という三宝にささげ、三毒(根元的煩悩/むさぼり、いかり、おろかさ)という三つの煩悩(ぼんのう)を消し去る意味で、3回おこないます。

■浄土真宗:本願寺派は1回。真宗大谷派は2回。額に押しいただかず(うやうやしく頭の上にささげないで)に香炉にいれます。

■曹洞宗:2回。1回目の焼香を「主香」、2回目を「従香」と呼びます。

■日蓮宗:3回

■臨済宗:1〜3回

■浄土宗:1〜3回

■天台宗:1〜3回

 

由来

 焼香の由来は、人は死んで中陰(ちゅういん/49日間)をさまよっている間「意生身(いしょうじん)」という姿の見えない存在となり、香りだけを食するので「食香(じきこう)」ともよばれます。このため、香炉を絶やさないようにしたり、樒(シキミ)など香りの強い植物がそなえられた(お葬式をどうするか/PHP新書)という説明があります。

 一方で、枕飯や枕団子もそなえるのですから矛盾しています。
 むしろ、ドライアイスなどがない昔に香で死体のにおいを消したという説の方が有力かもしれません。それにハエや害虫などを防いだり、殺菌作用を期待していたのかもしれません。その意味では、焼香を「何度もやると、亡くなった人に『おまえ、くさいぞ』といっていることになります。そう考えるとやめたほうがいいかもしれませんね。(お葬式をどうするか/PHP新書)」

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年5月29日(月)

大友克洋さん「バベルの塔」大胆解釈 ざっくり切り込み

 ブリューゲルの「バベルの塔」と大友さんの「バベルの塔」楽しみですね。それにしても、人間の傲慢さを神が戒め、罰を与えた象徴とされる「バベルの塔」、それをいつの時代にも魅かれるのは、罪人としての自虐愛か、マゾヒストの側面を持つ人間のサガなのでしょうかね?。

 記事を読む>>>

バベルの塔

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加