火葬にお墓は必要か?

●仏教が日本に伝わり、火葬という方法がはいりました。遺体を火葬にすることを「荼毘(だび)に付す」といいます。インドの古い言葉で火葬にすることを「ジャーピタ」といい、漢字に音訳したものが「荼毘」です。

 インドでは古くから火葬がおこなわれ、お釈迦様も火葬でした。日本では、仏教の伝来とともに火葬は高貴な人の葬式として、うけとられていたようです。
 
●インドのヒンドゥー教のバックボーンは「輪廻転生(りんねてんしょう)」です。仏教もこの考えを受けついでいます。人は生前の業により、何者かに生まれ変わりますから、遺体や骨に未練はありません。お墓も必要ありません。荼毘に付して煙とともに魂は天にのぼるということが、大事な葬送儀礼です。

 いまでもインドの人は、家族が亡くなると死体を火葬に付し、焼骨をガンジス河にすべて流します。
 
●日本で最初に火葬されたのは法相宗の道昭(どうしょう/653年ごろ唐の玄奘三蔵(げんじょうさんぞう:西遊記の三蔵法師)に師事)で、700年のことでした。その後702年に持統(じとう)天皇も火葬されました。それまでは土葬がすべてでした。相当なカルチャーショックを受けたはずです。
 
●延々と続いた古墳文化は、仏教を積極的に取りいれた聖徳太子を最後に消えていきます。仏教という外来文化の影響も大きかったのでしょうか。ただ、日本で火葬が一般的に普及したのは戦後からです。
 最近では、日本でもお墓に埋葬するということに縛られない自然葬を目指す「葬送の自由をすすめる会」などが遺灰を海や山に散骨する取り組みをはじめています。

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年9月23日(土)

日野皓正児童虐待について

 ミュージシャンからの意見。なるほど、ジャズ深いな。

記事を読む>>>>

日野皓正児童虐待事件について
八幡謙介

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加