家族葬ネットの宗教で違うあの世

「死後の世界とか、あるいは霊という肉体と離れた個性があるのかないのかということを考える中で、宗教がうまれてきた。人間の根元である死を考えるということはどういうことかというと、「生」を考えるわけですから、人間の生き方を規定していくものになっていくわけです」と井沢元彦氏が「井沢元彦の世界宗教講座/徳間書店」で語っています。
 このコーナーでは、それぞれの宗教が、死後あるいは死について、どのように考えているのかを紹介したいと思います。そして、その場合、それぞれの考えは葬儀葬送にどのように反映されているのか、探ってみたいと思います。

ヒンズー教
輪廻転生
仏教
解脱
ユダヤ教
約束の地
キリスト教
復活
イスラム教
ジハード

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年11月19日(日)

日野皓正児童虐待について

 ミュージシャンからの意見。なるほど、ジャズ深いな。

記事を読む>>>>

日野皓正児童虐待事件について
八幡謙介

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加