家族葬ネットの宗教で違うあの世

「死後の世界とか、あるいは霊という肉体と離れた個性があるのかないのかということを考える中で、宗教がうまれてきた。人間の根元である死を考えるということはどういうことかというと、「生」を考えるわけですから、人間の生き方を規定していくものになっていくわけです」と井沢元彦氏が「井沢元彦の世界宗教講座/徳間書店」で語っています。
 このコーナーでは、それぞれの宗教が、死後あるいは死について、どのように考えているのかを紹介したいと思います。そして、その場合、それぞれの考えは葬儀葬送にどのように反映されているのか、探ってみたいと思います。

ヒンズー教
輪廻転生
仏教
解脱
ユダヤ教
約束の地
キリスト教
復活
イスラム教
ジハード

きょうの「ブレイクタイム」

令和2年7月16日(木)

藤井七段が最年少タイトル獲得

17才11か月 棋聖戦で

記事を読む>>>>

新宿区が夜の街コロナ対策で会議

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲顧問のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加