家族葬は「聖なる空間」

花の葬儀「家族葬の使命」で危惧するイメージ
月明かりの海と難破船

 最近では、葬儀をしないで、直接、火葬にする「直葬(ちょくそう)」が、都会で流行しています。

 直葬は、亡くなられるとご遺体を病院から火葬場の霊安室へはこび、翌日に葬儀をしないで、すぐに火葬にします。いわば、「遺体処理」です。

 東京都では、葬儀の3〜4割が直葬だともいわれています。チョット切ないですよね。何かたいせつなものが、失われていくようです。

 家族葬の使命は、いま一度、死と葬儀を見つめ直すことにあるように思えます。

家族葬の逸品 「柩のない家族葬 」

 家族葬で仏式の葬儀でしたが、ふつうの葬儀では考えられない家族葬がありました。

家族葬に現れるすずらんの妖精

 葬儀が終わるまで、故人を柩にはおさめず、布団に寝かせたまま通夜・葬儀をあげた「柩のない家族葬」です。

 それは、喪主の息子さんの願いでした。亡くなられたお父さまとは長らく仲違いをしていたそうです。それを喪主の奥さまの計らいで最近ようやく親子の信頼をとり戻したそうです。その矢先の他界でした。

 ところが臨終のときにうたた寝をしてしまい、最期を看取ることができなかったそうです。かれは、そのことがくやしくて後悔の念がつのり、少しでも時を同じくしたい、通夜の夜も手を握りしめて寝てあげたいという思いにつながったようです。

家族葬の原石

家族葬で会話をする親子のイメージ
放蕩息子の帰還より

 喪主のかれは、(冷たくなった)おやじさんと、どんな会話をされたのでしょう。

 おやじさんの仕草、おやじさんの言い草、おやじさんの表情、おやじさんの背中、何が好きで、何が嫌いだったのかその理由(わけ)はなにか、家族をどう思い、人生に何を感じたのか、おやじさんの姿を思い巡らせ、無意識のうちにおやじさんの「こころの遺産」を胸に刻んだのではないでしょうか。

 「家族葬」の原石が、その光を放とうとしています。

家族葬の空間 「聖なるステージ」

 家族葬は、愛する人の「こころの遺産」を受けとめる神聖な場所です。

家族葬でこころの遺産を受けとる写真

 それは、あなたを生み育ててきた愛情であり、生きる姿勢であり、あるいは人生観であったり、人を幸せにする笑顔や魅力であったり、生涯をとおして培(つちか)ってきたご両親のさまざまな思いを「こころの遺産」として、あなたが受けとる番です。

 死は「生の守り神」です。死者からの伝言をうけとり、こころのなかでシャッフルして、次の世代に再生させる儀式が葬儀だったはずです。

 家族葬の空間は「こころの遺産」を譲り、受けとるのにふさわしい聖なるステージです。家族葬ネットは、それを蘇らさせようとしています。

家族葬のプレゼント 「おくり名(贈り名)」

 家族葬ネットでは、「こころの遺産」を具体化する一つの方法として、古くて新しい「おくり名(贈り名)」をご提案しています。日本では初めての試みです。

聖徳太子の肖像
聖徳太子像/唐本御影作

 おくり名は、故人の旅たちにあたり、ご遺族が故人の足跡を偲び、その人生を讃えてつける敬慕のお名前です。ご家族からのラスト・プレゼントです。

 「おくりな(諡)」の風習は、日本古来からあり「聖徳太子」のお名前も亡くなられた後に、その功徳を讃えて追号された「おくりな(諡)」です。生前は「厩戸皇子(うまやどのみこ)」などと呼ばれていました。

 「おくり名」は、故人の生涯を讃え、こころの遺産を受け継ぐものです。そして人生の尊さ、命の尊さをご家族で共有し、次世代に語りつぐことを目的にしています。くわしくは、「家族葬でおくり名」をご覧下さい。

 「家族葬」の糸口として、「おくり名」をご検討していただければ幸いです。

家族葬のツボ 「家族のきずな」

 「家族葬」は一般的になってきましたが、まだ新しい葬儀のカタチです。玉石混淆(ぎょくせきこんこう)、「家族葬」の真贋(しんがん)が問われています。

家族葬は都会型の葬儀

 これまでの一般的な葬儀は、それぞれの地方でイエ・ムラ共同体の死者供養としておこなわれてきたものです。その手順はある程度定式化されて、互助的伝統的な葬送文化として継承されてきました。
 しかし、首都圏を中心に共同体の存在意義が失われるにつれて、共同体のおきてやしばりが、疎(うと)まれてきました。

 「家族葬」は、そんな共同体の束縛(そくばく)から逃れようとした都会型の葬儀といえます。
 豊かになった日本では、共同体から自立して独りで暮らすことができるようになりました。お金さえあれば都会は、わたしたちを消費者として迎え入れ、お客様として自由な生活を「おもてなし」してくれます。

家族葬の未来 「家族は、面倒くさい幸せだ。」

 しかし、2011年3月11日の東日本大震災のあとに「絆(きずな)」が見直されるようになりました。

家族葬で家族の絆を確かめる家族

 生きるうえで本当に必要なものは、お金ではなく、人と人の心のつながりであることを自覚させられたのではないでしょうか。

 しかし絆と束縛は、コインの表と裏の関係です。切り離すことはできません。それを鉄拳さんのパラパラ漫画「家族のはなし」では、「家族は、面倒くさい幸せだ。」とうまく表現されています。

 3.11までは「束縛」から逃れてきた「家族葬」は、これから束縛を人生のスパイスとして、共同体の最後の砦「家族の絆」をとおして、新たな葬送文化の道を歩むことが求められているように思えます。

 家族葬ネットは、その道の先駆者として、「こころの遺産」をテーマに「家族の絆」を大切にするこころの「家族葬」をご家族、ご遺族のみなさまと創りあげたいと願っています。

家族葬「こころの遺産」     ③   

家族葬「こころの遺産2」に戻る
家族葬のメリット・デメリットへ進む

きょうの「ブレイクタイム」

平成29年5月29日(月)

大友克洋さん「バベルの塔」大胆解釈 ざっくり切り込み

 ブリューゲルの「バベルの塔」と大友さんの「バベルの塔」楽しみですね。それにしても、人間の傲慢さを神が戒め、罰を与えた象徴とされる「バベルの塔」、それをいつの時代にも魅かれるのは、罪人としての自虐愛か、マゾヒストの側面を持つ人間のサガなのでしょうかね?。

 記事を読む>>>

バベルの塔

<家族葬ネットの思い>

家族葬ネットの愛甲代表のインタビュー動画です。家族葬の表裏をわかりやすく解説しています。

<家族葬ネットの新着情報>

◎2017年1月31日 「おくやみ」欄のアーカイブ・ページを開始。最近、著名人のおくやみ欄に掲載される葬儀に家族葬が増えているので、概要をしるため。

◎2017年1月27日 「リンク集」のページを開始。

◉2016年4月8日 「死と終末期の延命治療」のページに「参考資料」欄を設け、「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」の記事を追加。

◉2016年1月29日 「家族葬ネットのヘッドライン」を追加。

2015年10月27日 「おくやみと合掌」と「社長のぼやき」を更新。

◉2015年3月7日 全体のデザインをリニューアルしました。

◉別冊宝島「新しい葬儀の本」に家族葬ネットが紹介されました。2015年2月13日発行。

◉家族葬に似合う「ワイン葬」をアップしました。4月1日

<家族葬ネットをシェア>


このエントリーをはてなブックマークに追加